【2024年版】【観光】島民が解説!コンビニがない伊豆大島の7大スーパー!(+八丈島の勢い)

スーパーげんろく 観光

東京の離島・伊豆大島(東京都大島町)はコンビニがないので、うっかりしていると食料の買い出しができないなんてことも。素泊まり宿に泊まっている方からは、前日に朝食を買っていなくて失敗したとのお話もよく聞きます。

事前にちゃんと調べておこうと思ってもインターネット上にあまり情報が出てこないですよね。ちなみに1番夜遅くまでやっているスーパーは元町地区にある「さむかわ食賓館」で夜9時まで営業。島民にとってもありがたいお店で私もお世話になっています。

今回はその他のスーパーと合わせて、特徴などを伊豆大島在住の私が具体的に解説していきます。

伊豆大島の7大スーパー!

伊豆大島は伊豆諸島最大の島(総面積:90.76㎡、 東西9㎞、南北15㎞、周囲は52㎞)。

島内エリアは大きく北部(岡田・泉津)、中部(元町・北の山・野増・間伏)、南部(差木地・クダッチ・波浮港)に分けられる。港がある「元町」と「岡田」(読み方はオカタ)にヒト・モノが集中している。

今回解説する伊豆大島の7大スーパーのうち、私のオススメ2店舗はこの2地区にあり、1番夜遅くまでやっているスーパー「さむかわ食賓館」(元町)や鮮魚に定評のある「食鮮市場げんろく」(岡田)が個人的なオススメ◎

年末年始は営業日が変則的になるのでお気を付けくださいね。

【営業日一覧】

店名OpenClose
さむかわ9:0021:00
べにや9:0019:00
ささき10:0020:30×
大島ストア9:0019:00×
げんろく9:0019:00×
やすとく9:0018:00×
タイガー8:3018:30×
伊豆大島/7大スーパー営業日一覧/年末年始や夏季期間は変更する場合有

【元町地区】さむかわ食賓館

さむかわ食賓館
伊豆大島/元町/さむかわ食賓館

伊豆大島で1番夜遅くまでやっているスーパー「さむかわ食賓館」

営業時間は9:00 ~ 21:00、定休日なし。キャッシュレス決済◎
内地のスーパーは「定休日なし」が当たり前かもしれませんが、伊豆大島ではかなり珍しいことです。

お総菜コーナーには日によって、手作り弁当や隣接する36cafeのエスニック系料理(36cafeは2023年にしばらくお休みに入られました。)、島内で作られているパン(アイランドキッチン、黒潮作業所)やお寿司(いざなみ)、お総菜(かやぶき)が並ぶので私はとても助かっています。

冷凍食品が毎週日曜日に3割引(一部対象外有)になるのもありがたい◎ちなみにトイレットペーパーなどはお店の外のサンルームみたいなところに陳列してあるのでお気を付けくださいね。

伊豆大島の形をしたオリジナルスイーツ「オーシマップサブレ」(伊豆大島の塩使用)は、お土産としてだけでなく、我が家の3時のおやつにも活躍中。

(裏ワザ)実はレジで店員さんにソフトクリームを注文すると、その場で作ってくれます。

【元町地区】ショッピングセンターべにや

伊豆大島/元町/ショッピングセンターべにや(紅屋)

伊豆大島で1番都会にあるスーパー「ショッピングセンターべにや」

営業時間は9:00 ~ 19:00、定休日なし。キャッシュレス決済◎
こちらも伊豆大島では貴重な「定休日なし」です。

個人的な推しポイントはお菓子の種類の多さ、お総菜コーナーにある島唐がらしを使った唐揚げ。他にも日用品を含めて取扱品数がとても多いので、他のスーパーにはなくてもココでは見つかることもあります。

オンライン限定のオリジナルグッズも有。駐車場はお店の裏口側にありますよ。

お店は18:30頃から閉店作業に突入しますが、19:00まで営業しているので初めての方は驚かないでくださいね。

【元町地区】Foods&liquorささき

伊豆大島/元町/Foods&liquorささき
伊豆大島/元町/Foods&liquorささき/べっこう刺し

伊豆大島で2番目に夜遅くまで営業、店名のとおりお酒に力を入れている「Foods&liquorささき」。

営業時間は10:00 ~ 20:30、定休日:水曜日。キャッシュレス決済◎

やはりお酒の種類が豊富でお酒に合うおつまみも充実。お総菜コーナーのかわいらしいパンたちも個人的なオススメポイント。伊豆大島名物「べっこう」(メダイ等の白身魚の島唐辛子醤油漬け)のお刺身もあります。もちろん、お弁当やおかず系も揃っていますよ。

お店の方は日々試行錯誤を重ねられていて、共働き世帯や観光客が利用しやすいよう今の営業時間(昔は9:00〜19:00でした。)に拡大されました。

【北の山地区】大島ストア(+八丈島の勢い)

大島ストア
伊豆大島/北の山/大島ストア
伊豆大島/北の山/大島ストア/べっこう寿司
伊豆大島/北の山/大島ストア/大島牛乳/大島バター

広々した店内で清潔感もある八丈島からやってきた「大島ストア」(以前は八木商店でした。)。

営業時間は9:00 ~ 19:00、定休日:木曜日。キャッシュレス決済◎

品揃え豊富で特にお総菜の種類が島内トップクラス。お寿司、揚げ物、お弁当、おつまみ、ハンバーガーなど。他のお店にないサービスとしてお総菜の夕方タイムセールがあり、その時間のお総菜コーナーは特に混雑するので、私はあえてその時間帯をズラして行くこともあります。

(八丈島の勢い)ココ数年、八丈島からの出店が相次いでいます。大島ストア以外にも、レンタカー「モービルレンタカー」、ラーメン「麺’sCLUB酒池肉林」、焼鳥「焼鳥 三年目J-Soul Brothers」、焼肉「焼肉 三年目の浮気」があります。飲食店はどれもこだわりがあっておいしかったです◎

【岡田地区】食鮮市場げんろく

伊豆大島/岡田/食鮮市場げんろく
伊豆大島/岡田/食鮮市場げんろく

お魚・お刺身といえばココと言われるスーパー「食鮮市場げんろく」

営業時間は9:00 ~ 19:00、定休日:月曜日。

個人的な楽しみはお店の奥側にある鮮魚コーナー。美味しいお魚・お刺身が並んでいます。あまり知られていないですが、鮮魚コーナー横の揚げ物コーナーもオススメです。

さらにタイミングによっては、伊豆大島のブランド豚「かめりあ黒豚」や特産品「あんこばぁばの手作り明日葉かりんとう」の取扱いもあります◎

お酒の取扱いはないので、その点はお気を付けくださいね。

【元町地区】LIFE TOWN やすとく

伊豆大島/元町/LIFE TOWN やすとく
伊豆大島/元町/LIFE TOWN やすとく

伊豆大島のドン・キホーテ的なお店といえばココ。

営業時間は9:00 ~ 18:00、定休日:火曜日。

ラインナップは日用品がメインですが、飲み物やお菓子などもあります◎
駐車場が広いので、そのスペースを活用して2023年8月には大手ハンバーガーチェーンの「バーガーキング」のフードトラックがやってきました(その時の様子はコチラ)。

また、週末のランチタイムにはキッチンカー「micocchi」の出店があったりするので、こちらも要チェックです!

【差木地地区】タイガー

伊豆大島/差木地/タイガー
伊豆大島/差木地/タイガー

伊豆大島の南部にあるスーパー「タイガー」
2019年台風15号による甚大な被害から復活を遂げられたお店です。
2023年12月26日にSNSによる情報発信をスタートされました!

営業時間は8:30 ~ 18:30、定休日:日曜日。

個人的な楽しみはお弁当&お総菜です!

【番外編】【クダッチ地区】沖山商店

伊豆大島/クダッチ/沖山商店
伊豆大島/クダッチ/沖山商店
伊豆大島/クダッチ/沖山商店/スコッチエッグ

伊豆大島の南部にある「沖山商店」。
地元の方に人気で、お店の奥にあるお総菜・揚げ物コーナーは特にオススメです。

営業時間は8:30 ~ 19:30、定休日:日曜日。

個人的な楽しみは土曜日限定?「スコッチエッグ」です!
(購入の際にお願いすると、その場で揚げてくれます◎)

【番外編】【元町地区】菊地鮮魚店

愛宕山へ向かう途中にかなりローカルな「菊地鮮魚店」。事前に相談すると刺身盛り合わせなど対応してくれますよ◎

営業時間は13:00 ~ 18:00、定休日:日曜日。

伊豆大島/元町/菊地鮮魚店

【番外編】パン屋さん情報

食事難民になりそうなときは、こちらの記事を参考にしてください。
フィッシュバーガーやスイーツが購入可能な自動販売機の情報もありますよ◎

まとめ

今回は伊豆大島を満喫するための【コンビニがない伊豆大島の7大スーパー!】を解説しました。

コンビニはなくても特色のある各スーパーで、色々と伊豆大島ならではのお買い物を楽しんでいただきたいです。

この記事が伊豆大島を旅するときのお役に立てたら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました