【2023年版】大島町(伊豆大島)のお金の使い道(歳入・歳出)を島民が解説!

大島町の歳入・歳出(アイキャッチ画像) 移住・引越し

伊豆大島(東京都大島町)へ移住・引越したものの、各種情報がなかなか手に入らなくて悩んでいませんか?

たとえば大島町って何をがんばっている町なんだろう?、って気になっている方もいらっしゃるかもしれません。

自治体の予算を見ると、その自治体が何に力を注いでいるか分かります。そこで今回はより深く伊豆大島を知っていただけるように、【大島町のお金の使い道】について、伊豆大島在住の私が具体的に解説します。

伊豆大島のお金の使い道(歳入・歳出のポイント)

伊豆大島は伊豆諸島最大の島(総面積:90.76㎡、 東西9㎞、南北15㎞、周囲は52㎞)。人口は6,731人(令和6年3月末現在)

東京23区とちがって、あまりお金に余裕のない離島の自治体なので、島民としては【大島町のお金の使い道】を知っておきたいですね☆

令和3年度決算報告 大島町の家計簿です

町民1人当たりにすると…
1人当たりに使われた額:1,229,523円
1人当たりが納めた町税: 131,760円


※令和4年3月末現在の人口7,181人に基づき算出したものです。

広報おおしま 令和4年11月号(P4)

伊豆大島の歳入・歳出のポイント

大島町の歳入・歳出

伊豆大島の令和5年度予算を見ると、自分で稼いだお金「自主財源」が【24%】しかないため、財政的に厳しい自治体ということが分かります。

そうした状況下で、予算の使い道(+金額)のうち大島ならではのものを含めいくつか具体的なトピックをご紹介します◎

・「保育所の運営」:4億4230.6万円
「温泉施設の管理」:1億6181万円
「火山博物館施設改修」:1億4462万円
・「学校給食の実施」:1億4116.8万円
「観光施設の管理」:1億1336.6万円
・「議会の運営」:7,689.8万円
・「大島旅客自動車(株)経営安定化事業」:7,500万円
  大島バスが赤字を出した分を補助するための経費です。
・「水産物展示販売施設の運営」:2,123万円

  水産物展示販売施設は「海市場」です。
・「弘法浜サンセットプール施設改修」:1,713.5万円
・「自転車競技・イベント事業」:600万円
・「かめりあ黒豚ブランド推進事業」:52.8万円
・「大島町定住促進事業」:12.2万円

用語解説(歳入≒収入)

今回、解説する「歳入・歳出」の中で出てくる用語の中から、なじみのないものをまずはざっくり解説します◎
(分かりやすく「町」=孫、「都」=両親、「国」=祖父母、に例えてみました。)

<歳入>=【依存財源】+【自主財源】です。

【自主財源】=(自分で稼いだお金)
・町税=町民が自分が住んでいる町に払う税金の総称。
~中身~
町民税=住民税のこと。

固定資産税=土地・家屋・償却資産を持っている人が払う税金。

町たばこ税=卸売販売業者等が町内の小売店にたばこを売り渡すときにかかる税金。たばこの小売価格の中に含まれているので、実際は消費者が負担。

軽自動車税=軽自動車・原付・トラクターなどを持っている人が払う税金。

入湯税=温泉などの入湯客が払う税金。

用語解説(歳出≒支出)

<歳出>=町の運営(福祉、産業、道路、教育等々)のため、幅広い分野に使われるお金です。

【カテゴリー(目的別)】
・総務費=全般的な管理事務のための経費(財政・財務管理や住民票の交付など。)。
・民生費=福祉関係。
・衛生費=予防接種やごみの処分など。
・農林水産業費=農業・漁業振興など。
・商工費=商業・工業や観光振興など。
・土木費=道路や公園の整備など。
・消防費=消防など。
・教育費=小・中学校や図書館など。
・公債費=借金の返済。

【大島町役場職員の給与水準は高いのか?低いのか?】
ちょっとカタい話ですが、自治体職員の給与水準は「ラスパイレス指数」(国家公務員を100(基準)とした指標)で比較することができます。

令和4年の「ラスパイレス指数」(伊豆諸島・小笠原諸島)を見ると、大島町役場の皆さんは比較的高くはない給与水準の中でがんばって大島を支えてくれています。
1 小笠原村:93.9
2 神津島村:93.7
3 三宅村:90.5
4 大島町:90.1
5 新島村:89.9
6 八丈町:88.8
7 利島村:88.4
8 御蔵島村:83.7
9 青ヶ島村:82.5

【番外編】歴代の大島町長

移住先・引越し先の伊豆大島のリーダー(=大島町長)がどんな方か気になりますよね。
これまでの選挙結果はこちらに掲載されていますので、もし良ければご覧ください。
大島町長選挙結果(2023年04月23日)※当選 75歳(男)新人(前町議
大島町長選挙結果(2019年04月21日)※当選 63歳(男)現職
大島町長選挙結果(2015年04月26日)※当選 59歳(男)新人(前役場職員)
大島町長選挙結果(2011年04月24日)※当選 58歳(男)新人(前町議

まとめ

今回は主に伊豆大島へ引越して島民となった皆さんに向けて、より深く伊豆大島を知るために【大島町のお金の使い道】を解説しました。

同じ東京都でも内地と離島では色々と状況が異なりますが、今回の記事がこれからスタートする?スタートした?楽しい「伊豆大島ライフ」に少しでもお役に立てたら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました